何が必要なのか

贈り物

子供が産まれて少し経てば、みんなが喜びの気持ちを込めて、お祝いを持ってくる事があります。小さいから消耗品のオムツを持ってきたり、今後使えるかもしれないからと、食器類や服なども持ってきたりしてくれます。それは、すごくありがたい事で人の優しさに触れる事ができます。もちろん、この好意を貰っておくだけの一方通行にしてしまうのは、マナーとして良くないため、貰ったら内祝いを返すのがマナーになっています。しかし、何を返したらいいのか分からないため、以前は金額に応じたカタログが主流でしたが、昨今では、家族構成も考慮して子供向きのお返しを返す人もいます。お菓子だったりアイスクリームだったりと子供目線で考える事が出来れば、親も同時に喜んでくれるため、人気の理由の一つなのかもしれません。それ以外にも、その人の生活をしっかり把握する事が一番良いお返しができるのではないでしょうか。

何が喜ばれやすいのか

内祝い

内祝いのお返しは、赤ちゃんの名前を入れられる事がほとんどです。その名前を入れる事で皆に忘れないで、しっかりと覚えて欲しいと言う意味もあります。それは、非常に重要で遠くんに住んでいる、おじいさん、おばあさんにとっても記念になるからです。名前だけでも嬉しいのに産まれた子の出生体重を模した米俵などもあり、遠くでなかなか会いに来られないおじいさん、おばあさんにとっては宝物になるのではないでしょうか。また、独り身、家族があるなどの構成を考えた時に、独り身であれば、普段食べられない様な食材が書いてあるカタログなどを内祝いに入れておけば、その人が気に入った物を選択する事で贈られて来るため自分の欲しいものがあれば一石二鳥となります。また、結婚している家庭であれば、バスタオルやスポーツタオルと言ったタオル系がとても喜ばれます。これも消耗品のため何回も使っていくうちに、だんだんと悪くなり、劣化をしていきますが、多く持っておけばその分代用がききます。この様に、何に活用するのかをしっかりと自分たちで考える事で心のこもったお返しもでき、今後の付き合い等も円滑に過ごしていけるため、非常にポイントになってきます。また、大量に頼む必要があるため、宅配などを受け付けてくれるのかも重要です。遠方や少し大きな荷物だと持っていく事も出来ないため、宅配サービスを使うと自分の手間も省け効率良くお返しが届くため便利で時間を有効活用できます。

広告募集中